こんなに種類があった、日本にある様々な工事

雷から建物を守る

避雷針工事について

避雷針工事というのは避雷針という先端の尖ったものを高い建物や寺社、ガスプラントなどの上部に取り付ける工事のことで落雷対策になりますが避雷針工事が行える建物は限られています。 しかし一般家庭用の自分で取り付けることのできる避雷針も安く売っています。 そして、避雷針工事を行うことで落雷した時に電流を地面に流し直接の建物被害は防げますが、建物内部の機械や電気器具の故障が起きてしまう可能性はあります。 避雷針工事は専門の資格を持った人が行ってくれ、会社によっては無料見積もりを行ってくれます。 費用は建物などによって異なりますが約20万円ほどで避雷針工事を行うことで安心して暮らせることができるのでおすすめします。

避雷針工事の費用について

避雷針工事には、避雷針を設置する内容と、避雷導体という部材を設置する内容があります。 避雷針工事を実施する事例としては、既存の避雷針が老朽化していたり、絶縁状態が良くない場合に更新する場合や、屋上に背の高い設備機器を設置する際に避雷針の保護範囲内に納めるために、新規で避雷針が必要になるケースがあります。 建物を新築する場合は、建築費用に避雷針工事の内容が含まれておりますが、避雷針工事単体で必要な費用については、どの程度の避雷針が必要かどうかによって大きく変動します。 事例としては、避雷針1本を新規で設置する場合は、避雷針の設置作業、避雷導体と構造躯体への接続作業、電流を地面に伝えるための接地工事などが必要となり、全体の費用としては150万円前後かかる傾向にあります。

Copyright (c) 2015 こんなに種類があった、日本にある様々な工事 all reserved.