こんなに種類があった、日本にある様々な工事

どのくらいかかるの

解体工事にかかる費用とは

解体工事にかかる費用の内訳として重機の運搬・管理費、現場で解体作業を行う人件費、解体した廃材の処理費用です。これに会社の利益を乗せて依頼者に請求するのです。この中で削ることができるのは会社の利益と作業を行う人の人件費です。廃材の処理費用は削りたくても削ることができない費用なのです。しかしこうした費用を削り、不法投棄をすることで費用を抑えている業者もいるのです。不法投棄は犯罪です。不法投棄を行った業者はもちろんその工事を依頼した人も罰せられてしまうのです。あまりにも工事代金が安い業者は注意が必要です。 解体工事を行う業者の中には専門の知識を持たず経験も浅い人ばかりで作業を行っている業者も存在します。作業員に危険が生じる可能性があることはもちろんそういった作業員は近隣への配慮、騒音対策もせずに作業を行うのです。優良な業者で安い費用であれば問題ありませんが安さだけで解体工事業者を選択するべきではないのです。

解体業者との間に業者が絡めば中間マージンが発生します

解体工事を行っている業者は全国に複数存在します。しかし解体工事を依頼する人は初めての経験である場合が多いのです。ですからどの業者を選択すればよいか分からない場合も多いのです。新しく住宅を建築するために解体工事を行う多くの場合建築会社から紹介されるケースが多いのです。当然建築会社への紹介料が解体工事業者の見積もりには含まれます。この紹介料は全体の1割から2割程度になる場合が多いのです。もちろん直接工事を依頼できる解体業者を知っていればこういった費用は節約できます。しかし建築会社が紹介してくれている解体業者であればある程度安心でき、解体工事業者との打ち合わせや工期の調整など施主からすれば手間を省くことも出来るのです。そういった必要経費と考えれば場合によっては建築会社から紹介してもらう解体業者を利用することもありではないでしょうか。

Copyright (c) 2015 こんなに種類があった、日本にある様々な工事 all reserved.