こんなに種類があった、日本にある様々な工事

解体工事について

解体工事の時の地中埋蔵物の撤去工事について

解体工事を行う時には色々な注意点が有りますが、意外と忘れがちなのが地中埋蔵物の調査と撤去です。 地中埋蔵物と言うのは、建物の下に埋まっているもので、以前建築されていた家の基礎部分や浄化槽などの障害物となるもので、これから家を建築する時など、地中埋蔵物がそのままになっていると、後から追加で地中埋蔵物の撤去工事が必要になり、コストもかかりますし、建築を行うタイミングも遅くなるなどのデメリットが生じる事になるのです。 尚、地中埋蔵物の調査や撤去工事と言うのは、一般的には別途費用が必要になりますので、見積りを見た時に地中埋蔵物は別途となっていれば、事前に解体工事業者に依頼をして併せて工事を行って貰う事が大切なのです。

解体工事と建築工事の分離発注について

現在の住まいを取り壊して注文住宅で家づくりをする人の多くは、全てを工務店やハウスメーカーにお願いをして、解体工事と建築工事を一貫した形で進めて行くケースが多く有ります。 しかし、解体工事と建築工事を分離発注する事で解体工事にかかるコストを削減する事が可能になり、2割から3割ほどのコスト削減に繋がると言われているのです。 ハウスメーカーや工務店と言うのは家を建築する事や家の設計を行う事が仕事であり、建物の解体というのは下請け業者、下請け業者の更に下請けの解体工事業者に発注をして建物の解体を行う事になります。 そのため、下請け業者に発注をする事で中間マージンが発生してしまい、コスト的に高くなるのです。 しかし、分離発注を行う事で直に解体工事を行えるため、中間マージン料がゼロになると言うメリットが有るのです。

Copyright (c) 2015 こんなに種類があった、日本にある様々な工事 all reserved.